サイトマップ お知らせ一覧



東秩父村とは

東秩父村の魅力

東秩父村は埼玉県西部に位置する県内で唯一の村です。

秩父盆地から山を隔てた東側にあることから名づけられました。

総面積は37.06㎞(東西7.7㎞、南北10.5㎞)、8割が山林で正三角形の地形をしており、 季節ごとに様々な花々が咲き誇る自然豊かな花の郷で、1年を通じて、ハイキングなど多くの人々が訪れます。

又、隣接する比企郡小川町と共に、「和紙の里ひがしちちぶ」として1300年の歴史を持つ手漉き和紙の伝統を守り続けています。
中でも国内産楮を原料とし伝統的製法と用具を用いて作られる強靭で丈夫な手漉き和紙”細川紙”は、その製法技術が昭和53年に国の重要無形文化財に指定され、 平成26年には「ユネスコ無形文化遺産 和紙:日本の手漉き和紙」として、岐阜県の本美濃紙、島根県の石州半紙と共に登録されました。

ユネスコ無形文化遺産・和紙「細川紙」

東秩父村は、ユネスコ無形文化遺産・和紙「細川紙」の産地です。
長い歴史の中で日本人の生活や文化に深く浸透してきた細川紙。
書道用の半紙や版画紙、障子紙や掛軸の裏紙、また和傘、ちょうちん、紙の器など、その用途は多岐にわたります。
和紙の強靭さや高い保存性は、100年の使用にも耐えられるもので、その丈夫さは海外でも高く評価されています。
ヨーロッパの美術館では、絵画の修復に極薄の和紙が用いられ、和紙職人の技術力の高さや知恵の素晴らしさは、日本を象徴するものとして、より広く世界に発信されるべきものだと思います。

細川紙について

東秩父村の特産品

道の駅「和紙の里ひがしちちぶ」では、東秩父村のさまざまな特産品・お土産が揃っています。

和紙製品はもちろん、地元産の新鮮野菜、しいたけ、こんにゃく、おまんじゅうなどがあり、
うどん・そばの食事の他、テイクアウトできる軽食も充実していて、立ち寄ったら絶対食べたいものばかり。

地元のおばあちゃん達の「手作りおやき」や東秩父名物「イワナの塩焼き」がオススメです。

東秩父村観光MAP

トップへ戻る